被相続人が亡くなった当時に、被相続人名義の預金から、ATMで下せるだけの金額を下ろしているケースを良く見ます。銀行に亡くなったことを届けると下ろせなくなるので、その前に葬式費用等を下ろしておこうとの考えで下ろされる方が多いのだと思われますが、これは、法的にはどう考えれば良いのでしょうか。まず、葬儀費用は誰が負担すべきものか、議論はありますが、一般的には喪主が負担すべきものと解されています。当然に、相続財産で負担するものではありません(勿論、相続人全員の合意で相続財産から支払う分には、何も問題ありません)。次に、被相続人の預金ですが、平成28年12ウキ19日の最高裁判例により、相続開始と同時に分割されるものではなく、遺産分割の対象となるものとされています。そこで、相続人の1人が、葬儀費用として被相続人名義の預金を勝手に引き出した場合は、他の相続人に対し、(準)共有状態である相続預金の持分侵害の不法行為となります。