検認とは、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名などの検認の日現在における遺言書の内容を明確にして、遺言書の偽造・変造を防ぐ手続きです。公正証書遺言以外は、遺言書の保管者は、相続開始を知った後、遅滞なく、家庭裁判所にて検認を受けなければなりません。なお、検認は、遺言の有効・無効を判断する場ではありません。したがって、「検認を受けたから、遺言書が有効」という訳ではありません。