遺言をする人は、意思能力が必要です。平たく言えば、重度の認知症の方は、遺言書を作る能力が認められません。遺言書を作成したときに、遺言者には意思能力がないから、遺言書は無効であるとの裁判が起こされるケースが相応にあります。この場合、遺言者の意思能力は、遺言書の有効性を主張する方にあります。このような争いを避けるためにも、遺言書は公正証書で作成することをお勧めいたします。