相続
経営承継円滑法における遺留分特例制度の見直し

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」により、一定の要件のもとで遺留分の規定と異なる合意を認め、民法の遺留分にかかわらず特定の親族に自社株を相続させることができます。 この法律を見直し、親族以外に自社株を引き […]

続きを読む
企業法務
議決権を経営者に集中させる方法-議決権なき株式

会社の経営を安定させるためには、過半数の株式を経営者(およびその家族)で保有するのが望ましいでしょう。しかし、現在、株式が分散していたり、事業承継により分散してしまう場合どうすれば良いでしょうか。一つには、経営者が分散し […]

続きを読む
不動産
一時使用目的の借地権

建物所有目的の借地は、借地借家法により強く保護されていますが、同法25条で「一時使用のために借地権を設定したことが明らかな場合は適用しない」とされています。すなわち、一時使用目的の場合は、借地借家法による借地人保護の対象 […]

続きを読む
相続
生命保険金は相続財産か?

【受取人が誰か】 生命保険金が相続財産となるかどうかは、受取人が誰と指定されているかによって変わってきます。生命保険の受取人が被相続人(亡くなった本人)であった場合、つまり、自分を受取人として自分に生命保険をかけていたと […]

続きを読む
金融
特別清算

あまり聞きなれない制度ですが、赤字の法人を廃業する際の法制度として、破産の他に、特別清算という制度があります。私はかつて、銀行勤務時代に取引先が特別清算を申し立て、債権者として関与したことがあります。制度の概要は以下のと […]

続きを読む
不動産
共有不動産を特定の共有者のみが利用することを阻止できるか

相続した不動産は共有名義のことが良くあります。たとえば兄弟2人で共有の不動産を、兄のみで使用している場合(兄のみの名義で第三者へ賃貸し賃料を兄が独り占めしている場合も同様です)、弟は兄ばかりが使うのはズルいといって、自己 […]

続きを読む
ITシステム
派遣法改正の動向

ソフトウエア業界では多用されている、届出制の”特定派遣”を廃止する労働者派遣法の改正案が、今年3月に国会に提出されていましたが、条文に誤りが見つかって廃案になりました。 しかし、昨日(9月4日)塩崎厚労相は「次の国会に出 […]

続きを読む
お知らせ
FM横浜”家づくり大学”に出演しました

平成26年3月6日(金)にFM横浜”家づくり大学”に出演し、”家を建てたあと、欠陥がみつかったら”というテーマで瑕疵担保責任や住宅の品質確保の促進に関する法律について解説いたしました。

続きを読む
相続
保証人の相続について

中小企業経営者であれば、会社の事業資金の借入の保証人になっていることが一般的です。では、会社経営者が亡くなった場合、保証債務は、法的には、どのように相続されるのでしょうか。 <原則> 保証債務は分割債務として法定相続分に […]

続きを読む
不動産
借入金の相続について

会社経営者やアパート経営者が亡くなられた場合、銀行等からの借入金は法的には法定相続分にしたがって分割されて相続されます。たとえば、法定相続人が奥様と長男、次男の3名で、銀行から事業資金を1億円借入されている方が亡くなられ […]

続きを読む