相続対策というと、相続税節税対策に目が奪われがちですが、セットで遺言書を作ることを忘れてはいけません。折角、節税対策で賃貸物件を購入しても、その承継者を決めて遺言書に残しておかないと、後々紛争となり、却って不経済な事態が生じかねません。
銀行員時代も遺言のセールスはしました。遺言の必要性を感じてくれるお客様はとても多いのですが、「まだ早い」と言われる方が太宗でした。
その理由は様々ですが、一番多いと思われるのは、自分が死ぬのはまだまだ先で、それまでに財産も変動するし、最期の世話をしてくれる人が誰になるかもわからないのだから、もっと時間がたって死が現実化してきたら遺言書を作った方が良いと思われている方です。
でも、人間いつ、どういう風に亡くなるかわからないのです。そして必ず亡くなります。
もっと時間がたって死が現実化してきたら遺言書を作った方が良いと思われている方は、遺言を一度書いたらそれでFIXしてしまうような印象を持たれているのだと思います。
しかし、遺言は作成したあと変更することができます。
したがって、遺言の必要性を感じている方は、もっと時間がたって死が現実化してきたら遺言書を作ろうなどど考えず、今のうちから作成しておくこととおすすめします。